プラダ モード モスクワ

12月3、4日の両日にわたり、モスクワのレベンソン邸を会場に、第6回目のプラダ モードが開催されました。アーティストのダミアン・ハーストは、その歴史的建造物をインスタレーション「Pharmacy」で変身させました。インテリアには、家具や、窓に描かれた巨大な分子モデル、ライトボックス、処方薬のカタログデザインの壁紙などの建築的なディテールをデザイン。イベント当日は、午前と午後に文化芸術界の著名人による対談が行われ、その後、パーティーや生演奏によるパフォーマンスが行われました。

1日目

12月3日、イベントは「偉大なる‘カムバック’」と題した最初のトークで幕を開けました。「現代文化におけるサイクルの機能とは?」:Harper's Bazaar Russiaの編集長であるダリア・ヴェレデーヴァの司会進行により、ガレージ現代美術館のチーフキュレーターであるエカテリーナ・イノゼムツェワ、高等経済学校デザイン学部ファッションプログラム主任のエカテリーナ パヴェルコ、映画監督・脚本家のキリル・セレブレニコフによる対談が行われました。過去のイメージや美的現象の回帰と、その現代的な 「再利用」が考察されました。

夜には、DJのArman Naféei、Karolina Bnv、Ok Williams、Roma Ptashenko、Sofia Rodina、Vladaのパフォーマンスによるパーティーが開催されました。

2日目

12月4日には、2つの対談とパーティーが催されました

  • 「紙の上の芸術」:現代美術ギャラリーFragmentの創設者であるセルゲイ・グシキンの司会により、ギャラリーShaltai Editionsの創設者ヴァレリア・ロドニャンスキー、アーティストのアレクサンドラ・パペルノ、モスクワ近代美術館の副館長アレクセイ・ノヴォセロフによる最初の対談が行われました。対談者らは、芸術現象としての「紙の上の芸術」、そしてその展示、批評的考察、収集に対する現代のアプローチについて考察しました。

  • 「サステナビリティと近代都市」:モスクワ美術館館長のアナ・トラプコヴァによる司会進行にて、ガレージ現代美術館館長のアントン・ベロフ、モスクワ大学経済学部都市研究センター研究室長のセルゲイ・カプコフ、建築家でストレルカKB社代表取締役のアレクサンドラ・チェチェトキナによる対談が行われました。本対談では、世界の慣行と現代の課題をテーマに、ロシアのアーバニズムと建築の発展に可能なシナリオを模索しました。

夜には、DJのArman Naféei、Karolina Bnv、Ok Williams、Roma Ptashenko、Sofia Rodina、Vladaのパフォーマンスによるパーティーが開催されました。

プラダ モードのすべての回を表示