倫理と企業行動

プラダ・グループは、倫理的で誠実な姿勢を事業運営の基本方針としています。

プラダ・グループの倫理規範は、事業活動を統制する基本原則と価値観を明確にし、グループとその主要な関係者(従業員、株主、顧客、ビジネスパートナー、サプライヤー、地域コミュニティ)との関係を規定する倫理的なコミットメントを提供します。

倫理規範はプラダ・グループが事業を展開するすべての国に適用されます。

また、Prada S.p.A.が採用している2001年イタリア共和国政令第231号に準拠した組織・管理・統制モデルに不可欠なものです。

ダウンロードエリア
倫理規範
現代奴隷法

コンプライアンス

Prada S.p.A.の取締役会は、当社が採用している2001年イタリア共和国政令第231号に準拠した組織・管理・統制モデルの妥当性と有効性を監督する特別委員会を設置しています。

 

取締役会によって2021年6月4日に任命されたこの委員会は、3年間(会計年度2021~2023年)の任期で3名の委員で構成されています。

name position
ステファニア・キアルッティーニ 議長
ヨエル・ザオウイ 独立非業務執行役員
ジャンルカ・アンドリアーニ 内部監査 / リスクマネジメント・ディレクター

リスクマネジメント

プラダ・グループの内部統制およびリスクマネジメントシステムにより、以下の成果を実現します。

  • プラダ・グループの資産の保護 
  • プロセスの効率 
  • 管理機関および市場に提供される情報の信頼性の確保 
  • 法令および付属定款・内部手続きの遵守の確保 

プラダ・グループは、国際的に認知された「Enterprise Risk Management(ERM:全社的リスク管理)」モデルに従って、グループの事業運営によって生じる可能性があるすべての具体的なリスクを特定し、管理します。

内部統制・リスクマネジメントシステムには、取締役会、監査委員会、監査役会が参画し、

内部監査部門がこれらの機関と緊密に連携してシステムの有効性を評価します。

Thank you for signing up