プラダ アカデミー

2000年代初めに創設されたプラダ アカデミーは、人材の能力向上を図り、プラダ・グループの将来の成長を確実なものにするために知識、スキル、技術、手法、革新的なアイデアを共有・開発するオンラインおよびオフラインの環境です。

そのため、従来のコースで構成された社内アカデミー、スキルの開発と世代間のスキル継承のための「実習体験」式のトレーニングとオンライントレーニングを作成し、従業員向けのトレーニングコースを設計しました。これは、常にプラダの戦略の中心となっています。

プラダ アカデミーでは、インダストリアルアカデミー、学習・開発アカデミー、ストアアカデミーの3つの分野に分かれたプロジェクト、ツール、トレーニングにより「人的価値」の開発を確実にし、専門知識を伝授することを目指しています。

スキルの開発はプラダ・グループの基礎であり、世代間のスキル継承に対するプラダの取り組みも同様です。

プラダ アカデミーでは、インダストリアルアカデミー、学習・開発アカデミー、ストアアカデミーの3つの分野に分かれたプロジェクト、ツール、トレーニングにより「人的価値」の開発を確実にし、専門知識を伝授することを目指しています。

インダストリアルアカデミー

インダストリアルアカデミーでは、シューズ、レザーグッズ、ウェアの製造ノウハウの取得を専門にしたコースを通じて工業生産に関する教育を行います。

プラダにおいて、インダストリアルアカデミーはプラダ・グループの生産戦略を全面的に支える強力な存在です。当グループの戦略の主な目標は、ラグジュアリー産業を特徴づける豊富な知識と専門技術を保護および維持し、主に18~25歳の若い職人に受け継ぐことにより、ラグジュアリー産業にとって欠かせない、またイタリア経済にとって戦略的な職業に若い職人を導くことです。

各コースには、理論的トレーニング(原材料、製造工程、およびテクノロジー、情報テクノロジー、英会話などの技術)と、プラダ・グループおよびそのサプライヤーが主催する活動を通じた現場での実習が用意されており、参加者は高品質水準の仕事をする方法を学習できます。

学習・開発アカデミー

当グループのコーポレート部門の人材を対象にした職業訓練では、複雑な業務への対応の向上を目指し、関係および行動面のスキル向上を目的としたコースを中心としています。

従来の理論的なトレーニングのほか、各社員はデジタルプラットフォームにアクセスし、オンラインコース、マルチメディアライブラリー、チュートリアル、ブログ、オンラインコミュニティを通じて継続的なトレーニングを受講できます。このツールを利用して、各社員は教育素材に簡単に「オンデマンド」でアクセスできます。

さらに、イタリアのコーポレートおよび製造部門の新社員のためのプログラムでは、会社の取締役が組織する特別なコースを設け、座学で歴史、文化、主な企業の流れに関する授業と生産現場の見学とを交互に行う研修を受講できます。

ストアアカデミー

経験豊富なスタッフによる日常的なサポートに加え、店舗スタッフ向けのアクティビティでは、管理職・専門職のスキル、製品知識、クライアントサービスの統合を目指すプラダ アカデミーのトレーニングコースが用意されています。

特に重点を置いている事項は、プラダ・グループのリテールネットワーク全体に関連する最新のデジタルテクノロジーへの投資の結果生まれる、お客様との新しいコミュニケーション手段の導入です。これによりセールススタッフを幅広い有益な情報や資料にすぐにアクセスできるようにし、結果としてお客様のブランドへ興味と商品への関心を高め、お客様へブランドのアイデンティティに沿った特別な体験を提供する力を向上させます。

店舗スタッフの学習とやり取りの新しいニーズに適応可能なマルチチャネル形式(eラーニング、ゲームアプリ、ワークショップなど)を利用することで教育的アプローチが一新されました。その結果、スタッフのプラダ・グループへの関与と帰属意識が促進されています。