プラダ アカデミー

2000年代初めに創設されたプラダアカデミーは、人材の能力向上を図り、プラダ・グループの将来の成長を確実なものにするために知識、技術、手法、革新的なアイデアを共有・開発するオンラインおよびオフラインの環境です。

プラダ・グループは、マスタークラスで構成された社内アカデミー、技術力の開発と職人技・工業的ノウハウの維持のための「実習体験」式のトレーニングとオンライントレーニングを作成し、従業員向けのトレーニングコースを設計しました。

プラダアカデミーは、インダストリアルアカデミー、学習・開発アカデミー、ストアアカデミーの3つの分野に分かれています。

インダストリアルアカデミー

インダストリアルアカデミーは、シューズ、レザーグッズ、ウェアの製造ノウハウの開発を専門にしたコースを提供します。

知識を保護・保存し、若い世代(18~25歳)の職人にファッション業界の専門知識・技術を継承することを主な目標にしています。

各コースには、高品質水準を達成するための(原材料、製造工程、技術に関する)理論的講習と、プラダ・グループおよびそのサプライヤーが主催する現場での実習時間が用意されています。

学習・開発アカデミー

当グループのコーポレート部門の人材を対象にした職業訓練では、対人関係および行動面のスキル向上を目的としたコースを中心としています。

従来の理論的なトレーニングのほか、各社員は簡単にオンデマンドで教材を入手できるデジタルプラットフォームにアクセスし、オンラインコース、マルチメディアライブラリー、チュートリアル、オンラインコミュニティを通じて、継続的な学習と能力開発を行うことができます。

コーポレートおよび製造部門の新社員のためのプログラムでは、会社のマネジメントチームが実施する特別なコースを設け、生産現場の見学を含む研修を受講できます。

ストアアカデミー

ストアアカデミーのトレーニングコースは、管理職・専門職のスキル、製品知識、クライアントサービスの強化を目指しています。

特に重点を置いている事項は、デジタルツールとソフトウェアへの継続的な投資により、セールススタッフがブランドの価値観に沿った特別なカスタマーエクスペリエンスを提供することでお客様との関係を育むことです。

店舗スタッフの学習とやり取りの新しいニーズに適応可能なマルチチャネル形式(eラーニング、ゲームアプリ、ワークショップなど)を利用することで教育的アプローチが一新されました。その結果、スタッフのプラダ・グループへの関与と帰属意識が促進されています。