プラダ モード ロンドン

10月2日~3日、プラダ モード ロンドンの会場となったのは、市内中心部にあるアイコニックなブルータリズム建築「180 The Strand」。The Vinyl FactoryとThe Showroomとのコラボレーションにより、アメリカ人アーティストのシアスター・ゲイツが主催する「ザ・ブラックイメージ・コーポレーション」の最新章や、アーティスト、ミュージシャン、文化プロデューサーや文化的集団、および一般の会員が参加するパフォーマンスとトークのユニークなライブプログラム「コレクティブ インティマシー」などのイベントが予定され、コスモポリタンな世界観の出発点としての最新の「ブラック」体験がさまざまな場所に移動して語られました。シアスター・ゲイツ&ブラック モンクス オブ ミシシッピやジョジョ・アボットによるライブパフォーマンスや、シャイ・ワン&ジョージー・レベル、ゼジ・アイフォー&ジェームズ・マシアによるライブDJパフォーマンスで活気にあふれた一日となりました。

1日目

  • デザイナー、グレース・ウェールズ・ボナー、サミュエル・ロスとキュレーター、エルヴィラ・ディアンガニ・オセとの対談
  • 「OOMK」のデザイナー、ローズ・ノルディンによる「コレクティブ プリントマシー ワークショップ」の開催
  • 「Thick/er Black Lines」のキュレーター、リアナ・ジェイド・パーカーとアウレラ・ユスフが作家デリカ・シールズと共に開催する特別上映
  • 詩人ジュリアンクナックによる新作ビデオ『Roots for a Crown』(2019年)の上映、ミュージシャンのタボ&タウィアによるトークとパフォーマンス
  • デザイナー、サミュエル・ロスによるインスタレーションとトーク
  • ミュージシャン、ブミ・トーマスによるライブパフォーマンス
  • シアスター・ゲイツ&ブラック モンクス オブ ミシシッピによるライブパフォーマンスとシャイ・ワン&ジョージー・レベルによるライブDJパフォーマンスで彩るパーティー

2日目

  • アーティスト、トレメーヌ・エモリーによるインスタレーションとトーク
  • アーティスト、シムニキウェ・ブルングによるサウンドテイクオーバー
  • デザイナー、ドジー・カヌとキュレーター、エルビラ・ダンガニ・オセとの対談
  • 『Chainmail 1』(2016年)を撮影したアーティスト、アマルテイ・ゴールディングとダンサー、ソロモン・ゴールディング&キャサリン・ファインティの対談
  • 詩人ベリンダ・ザウィ(MA.MOYO)による詩とサウンド「South X South East」の発表
  • アーティスト、フィービー・ボズウェルによる、招待された女性たちの集団読書の没入型ライブパフォーマンス「The Lighthouse」の発表
  • プロジェクトO(アレクサンドリーナ・ヘムズリーとジャミラ・ジョンソン・スモールのコラボレーション)によるビデオ『Saved』(2018年)の発表
  • スティールパンバンド、ニュージェネレーションによるライブパフォーマンス
  • 詩人イヌア・エラムズによるパフォーマンス
  • チャンネルワンサウンドシステムによるライブパフォーマンス
  • ジョジョ・アボットによるライブパフォーマンス、ゼジ・アイフォー&ジェームズ・マシアによるライブDJパフォーマンスに彩られたパーティー 

THE VINYL FACTORY

The Vinyl Factoryは、世界最先端のレコード企業です。レコードレーベル、プレス工場、雑誌、ラジオ局のほか、アーティストやミュージシャンのためのキュレーター/コラボレーターとしてオーディオビジュアルアートの新しいアイデアを探求しています。また、The Vinyl Factoryは、ミュージシャンやアーティストとのコラボレーションで作られた限定版レコードをリリースするほか、The Store X、180 The Strandでオーディオビジュアル体験のサイト固有のプログラムをキュレーションし、ヴェネチア・ビエンナーレ、ヘイワードギャラリー、ニューミュージアムNY、バービカン、アートバーゼル、フリーズ、サーペンタインなどの主要な芸術団体と連携しています。Vinylが現在までに作品のリリースを担当したアーティストは、ダフト・パンク、マリーナ・アブラモヴィッチ、マッシヴ・アタック、ロイシン・マーフィー、クリスチャン・マークレー、フローレンス・アンド・ザ・マシーン、ディノス・チャップマン、ミシェル・ラミー、トム・ヨーク、ヒト・スタヤル、ペットショップボーイズ、ユセフ・デイズです。また、これまでに手がけたコミッションは次の通りです。ニューミュージアムとのパートナーシップによる「Strange Days: Memories of the Future」、リッソンギャラリーとのパートナーシップによる「Everything At Once」、ヘイワードギャラリーとのパートナーシップによる「The Infinite Mix」、池田良二、カリル・ジョセフ、ヒト・スタヤル、ラグナル・キャルタンソン、シアスター・ゲイツ、ユナイテッド・ビジュアル・アーティスツ、ジェレミー・デラーなどのアーティストによる新作。

THE SHOWROOM

The Showroomは35年以上にわたり、伝統にとらわれない芸術や論文の制作のために不可欠なコラボレーション、クリティカリティ、学習の場を提供し、新たな実践やアイデアのプラットフォームとしての役割を果たしてきました。私たちの画期的なアプローチは、実験的な実践を促進し、地域社会との関わりを通じて日常生活を映し出しています。また、The Showroomは芸術と教育の国際的・学際的な形態を提唱し、芸術と社会正義に関するプロジェクトをまとめる重要な媒介としての存在を維持しています。これまでにThe Showroomと協働したアーティストには、ローレンス・アブ・ハムダン、カン・アルタイ、リカルド・バスバウム、ベアトリス・ギブソン、ルンギスワ・グッカンタ、スボード・グプタ、モナ・ハトゥム、サラ・ルーカス、クリスティーナ・マッキー、オスカー・ムリーリョ、ウリエル・オルロー、オトリス・グループ、パメラ・パツィモ・サンストラム、ナヴィーン・G・カーン=ドッソス、イマ・アバシ・オコン、エマ・ヴォルカウ=ワナンワ、デニス・フェレイラ・ダ・シルバ、アルジュナ・ノイマン・シアラ・フィリップス、エヴァ・ロスチャイルドらが名を連ねます。The Showroomはこの1年間、ディレクター兼チーフキュレーターのエルヴィラ・ディアンガニ・オセのリーダーシップの下で活動しています。Elviraは現在、ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ視覚文化学科、プラダ財団評議会、テート モダン アドバイザリーカウンシルと連携しています。「コレクティブ インティマシー」ライブプログラムは、ディレクターのエルヴィラ・ディアンガニ・オセとアシスタントキュレーターのキャサリン・ファインティ、ロンドンのThe Showroomによって企画・実行されています。

プラダ モードのすべての回を表示