チャーチはその歴史を通じて、最上級のフォーマルスタイルのあり方に挑戦しています。数世紀の伝統を誇るコンテンポラリーラグジュアリーの宝庫は、1873年から顧客と共に歩んできました。チャーチは、ものづくりの伝統とスタイルコードの刷新を通じてクラフツマンシップと英国流の精神を今も忠実に守っています。

“Notting Hill Vibes”: the new Church’s Fall/Winter 2019 adv campaign

ブランドアイデンティティ

タイムレスなエレガンスと伝統

1873年の創業から、チャーチのシューズデザインの旅は始まりました。靴作りにおける伝統とタイムレスなエレガンスは、その歴史を物語っています。

 

 

クラフツマンシップの伝統

1675年より家族経営でハンドメイドの紳士靴製造を家業としてきた経験を基に、同年最初のシューズ製造工房をノーザンプトンの30 Maple Streetにオープンしました。

完璧なスタイルと英国流儀

チャーチの卓越した創作は、上質なレザー、クラシカルなデザイン、優れたクラフツマンシップという3つの主要素を組み合わせることにより、英国流の美的作法を忠実に守りながら、新領域の開拓をも怠ることはありません。

細部へのこだわり

イギリスの職人技を象徴するチャーチでは、あらゆる細部にまで入念に気を配っています。1足のシューズを作るために約250工程と8週間の期間が必要です。

フォーマルかつエフォートレスなスタイル

伝統を大切にする不変のモダンラグジュアリー。