修復プロジェクト

プラダ・グループは地元の当局およびSuperintendence for Art and Cultural Heritageに従って古物の修復への取り組みと習熟を最高レベルに表現し、イタリアおよび世界各地の重要歴史建造物に賢明に対応し、宮殿や記念建造物の修復に取り組んでいます。

ミラノ ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世

ミラノのガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世のファサードのデリケートな修復に加え、2016年9月にはこの建物内のPasticceria Marchesi(パスティッチェリア・マルケージ)専用の中二階(アーチ形の窓を備えた広さ250㎡のスペースに配したフレスコ画と床のモザイク画の眺めが特徴的)、さらにガレリア内のプラダ・グループの建物を修復し、写真・視覚言語に特化したプラダの新しい展示スペース、Osservatorioのオープニングを行いました。

建物の5階と6階には、両階にわたる800㎡の展示スペースを利用可能にした改装工事の成果が見られます。



もっと見る

プラダ・グループとFAIはイタリアの文化・芸術遺産の保護のために協働しています。

FAIは、自然、歴史、芸術の伝統を保存・推進する目的で1975年に誕生した国営非営利財団です。過去数年間、FAIはイタリアの芸術と自然遺産を形作る重要な現場を保護、改修、公開してきました。

プラダがイタリアの都市に新しいブティックをオープンするたびに、自然とこのコラボレーションが実現しました。FAIはプラダ・グループと協働して、地域のコミュニティとの対話を図る目的で修復を行っています。

特に重要な修復事業に、フィレンツェにあるジョルジョ・ヴァザーリ作『最後の晩餐』、ボローニャの美術アカデミーの彫像、ボローニャのアルキジンナシオのアーケード、トリノのレージョ劇場の新しい劇場カーテンの制作などがあります。



もっと見る

PRADA RONG ZHAI – 上海の歴史ある邸宅

プラダ・グループの援助による入念な修復を経て、1918年に上海中心部に建てられた歴史ある邸宅を改装したPrada Rong Zhaiが、2017年10月12日にオープンしました。この建物は、プラダ・グループが中国で催すさまざまな文化活動の拠点となる多目的スペースとして設計されています。

 



もっと見る