プラダの歩み

プラダ 1913

プラダの歴史は、ミラノの格式高いガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世に初の店舗をオープンした1913年に始まります。

新しいビジネスモデル

ミウッチャ・プラダの創造性とパトリッツィオ・ベルテッリの起業家精神が手を携え、ブランドの世界的な発展に向けた新しいビジネスモデルが誕生します。

プラダ メンズウェア、ミュウミュウ、プラダ財団

プラダ初のメンズコレクションを発表した年、新しいスタイルの表現を探求し、ミウッチャ・プラダの「もうひとつの精神」を体現するブランド、ミュウミュウを立ち上げます。現代における文化の役割と関連性に疑問を投げかけるプラダ財団が創設されたのも1993年のことです。

2000年のアメリカズカップに挑むプラダ・チャレンジ

パトリッツィオ・ベルテッリのセーリングへの情熱から、2000年のアメリカズカップに挑むプラダ・チャレンジチームが誕生。世界で最も長い歴史を誇るトロフィーであるアメリカズカップに初めて挑戦します。

同年、スポーツウェアに特化した「プラダ リネア・ロッサ」コレクションがデビューを果たします。

チャーチとカーシューの買収

1999年、手仕事による英国スタイルのラグジュアリーな靴作りを代表するブランド、チャーチを買収します。その2年後、象徴的なドライビングローファーで知られるイタリアのブランド、カーシューをグループの傘下に収めます。

ニューヨークに初のプラダ エピセンター

建築家レム・コールハースがデザインを手掛けた最初の「エピセンター」が、ニューヨークにオープン。フラッグシップストアの概念を刷新するこの実験的な建物は、店舗の空間を、現代文化についての対話を促す場所へと変化させました。

ライセンス

Luxotticaとのライセンス契約によりアイウェア市場に参入し、プラダとミュウミュウからコレクションをローンチ。また、Puigとのライセンス契約により、グループ初のフレグランスの生産に着手します。

香港証券取引所に上場

Prada S.p.A.は、イタリアの企業として初めて香港証券取引所に上場しました。

プラダ・グループが初のサステナビリティレポートを発行

2013年、初の社会的責任に関するレポートを発行します。これは自発的に書かれたものです。

マルケージ1824の買収

2014年、ミラノで1824年に創業した歴史あるパスティッチェリア・マルケージを買収します。

伝統ある産業施設の改善

2015年、製造施設の改善と職場環境の質の向上を目指す大規模な投資計画に着手します。

影響:プラダ・グループの持続可能性への取り組み

「持続可能性に関する方針」を発表し、持続可能性への取り組みを明確化します。

ミウッチャ・プラダとラフ・シモンズ:共同クリエイティブ・ディレクター

ラフ・シモンズが、ミウッチャ・プラダと同等の責任ある立場で共同クリエイティブ・ディレクターとしてプラダブランドに加入します。これは、ブランドのその後のコレクションの開発に向けた、前例のない対話の始まりとなります。

    • The beginning
    • 1950s
    • 1960s
    • 1970s
    • 1980s
    • 1990s
    • 2000s
    • 2010s
    • 2020s
    • 1824
    • 1873
    • 1881
    • 1890
    • 1913
    • 1919
    • 1920
    • 1957
    • 1963
    • 1965
    • 1975
    • 1977
    • 1979
    • 1983
    • 1988
    • 1991
    • 1993
    • 1997
    • 1999
    • 2000
    • 2001
    • 2002
    • 2003
    • 2005
    • 2006
    • 2007
    • 2009
    • 2010
    • 2011
    • 2012
    • 2013
    • 2014
    • 2015
    • 2017
    • 2018
    • 2019
    • 2020
    • 2021