プラダ トランスフォーマー

ソウル中心部に建てられた革新的な仮設建築物、プラダ トランスフォーマーは、アート、映画、ファッションといったさまざまな分野のイベントの開催を目的として2009年4月に公開されました。六角形、十字、長方形、円形の4つの異なる構成の面からなる未来的な四面体の構造物が回転します。

レム・コールハース率いるOMAがデザインを手掛けたこの建物では、6か月にわたり、プラダの多面的な世界を探求する文化活動を初めて一堂に集めて開催しました。

OFF

プラダ トランスフォーマーの最初のエキシビションとして「Waist Down」が開催されました。スカートをウエストから下で表現する無限のファンタジーとストーリーを持つ媒体として捉え、スカートに特化したオリジナルの巡回展示です。ミウッチャ・プラダは欲望、性、アイデンティティの世界においてさらなる文化的・情感的な探求を刺激する自らの能力をユーモアを交えて再考しています。

変形の第2段は「肉体、精神、そして魂」は、映画イベントを実現するために選ばれたフィルムフェスティバル。2週間にわたり上映された14本の映画を通じて、メキシコ人監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの精力的で魅力あふれるプログラムが展開されました。

第3弾は、アーティスト、ナタリー・ユールベリのインスタレーション「Turn into Me」が開催されました。「Turn into Me」では、さまざまな3次元の構造物の中で、ユーモラスで挑発的なビデオアニメーションが上映され、壁面は怒りや恐怖を象徴する目、骨格、イメージを表す巨大な形状で覆われました。

この建造物の最後の回転となったイベントは「The Students’ Take Over」と題され、韓国の名門10大学の学生が「トランスフォーメーション」をテーマにキュレーションした、新しいデザインの概念とアート作品を展示しました。

四面体
イベント
4つの構成