Fashion Pact

プラダが「FASHION PACT」に署名

For the first time in the Fashion industry, the Fashion Pact unites CEOs of 60+ global leading companies from the fashion and textile industry - fashion, sports, lifestyle and luxury as well as suppliers and retailers – committing to a common core of ambitious quantified environmental objectives focusing on three themes: climate, biodiversity and oceans.

One year after its creation, The Fashion Pact signatories have identified first tangible targets and have established a way of working together. 

“The environmental issues that cloud our future are such that they cannot be addressed alone. For this reason the Prada Group has enthusiastically joined the Fashion Pact which represents a perfect example of today’s multilateralism. The spirit of this coalition is based on awareness, cooperation and solidarity on an international level, transcending local interests and pursuing the common good of humanity for this and future generations. So what should we be doing? We need to weave a network to connect the many oases of fraternity that exist in the world.”

Carlo Mazzi, Chairman of Prada S.p.A.

Membership has doubled to 60+ after one year from its launch together representing over 200 brands and 1/3 of the fashion industry.

This level of diversity and reach is key to ensure end-to-end impact along the supply chain.

“This first year of collaboration and exchange has enabled us to proceed more quickly in the processes of internal analysis and evaluation and to strengthen relations between company departments before starting to implement projects in the field that adhere to the principles of the coalition”.

Lorenzo Bertelli, Head of Marketing & Head of CSR Prada S.p.A.

The priority is first delivering on the 7 strategic tangible targets the pact has committed to across its three pillars of focus (climate, biodiversity and oceans).

目標

「Fashion Pact」の目標は、地球を守るための3つの重要分野の活動に重点を置くScience-Based Targets(SBT)イニシアチブに準拠しています。

  • 地球温暖化防止:現在から2100年までの間の地球温暖化を1.5°C未満に維持するため、2050年までに温室効果ガスのゼロエミッションを達成するアクションプランを作成して実施します。

  • 生物多様性の回復:Science-Based Targetsを使用した目標を達成することにより、自然のエコシステムを回復し生物種を保護します。

  • 海洋の保護:使い捨てプラスチックの使用を徐々に削減するなどの実現可能な活動により、世界の海洋に対するファッション産業のネガティブな影響を低減します。

タイル関連企業が協定に参加。250のブランドが関わっています。

ADIDAS、ALDO GROUP、AUCHAN RETAIL、BALLY、BESTSELLER、BONAVERI、BURBERRY、CALZEDONIA GROUP、CAPRI HOLDINGS LIMITED、CARREFOUR、CHANEL、CELIO、DAMARTEX GROUP、DCM JENNYFER、DECATHLON、DIESEL、EL CORTE INGLES、ERALDA、ETAM GROUP、ERMENEGILDO ZEGNA、EVERYBODY & EVERYONE、FARFETCH、FASHION3、FIGARET、FUNG GROUP、GANT、GALERIES LAFAYETTE、GAP Inc. 、GEOX、GROUPE BEAUMANOIR、GROUPE ERAM、GROUPE ETAM、GROUPE IDKIDS、GROUPE ROSSIGNOL、GRUPPO ARMANI、GTS GROUP、H&M GROUP、HERMES、HERNO、HOUSE OF BAUKJEN、INDITEX、KARL LAGERFELD、KERING、KIABI、LA REDOUTE、LADY LAWYER FASHION ARCHIVE、MANGO、MATCHESFASHION.COM、MONCLER、MONOPRIX、NANA JUDY、NIKE、NOABRANDS、NORDSTROM、PAUL & JOE、PRADA S.p.A.、PROMOD、PUMA、PVH Corp.、RALPH LAUREN、RUYI、SALVATORE FERRAGAMO、SELFRIDGES GROUP、SPARTOO-ANDRE、STELLA MCCARTNEY、TAPE À L'OEIL、TAPESTRY、TENDAM。

ダウンロード
2020年10月12日
Fashion Pact Report 2020
2020年10月12日
プレスリリース
2020年10月12日
Fashion Pact Report 2019
2020年10月12日
プレスリリース

8月24日~26日にビアリッツで開催された先進7カ国首脳会議(G7)に先立ち、フランスのエマニュエル・マクロン大統領はブリュノ・ル・メール経済財務大臣、ミュリエル・ペニコ労働大臣、ブリュヌ・ポワルソン環境連帯移行副大臣を伴い、大統領の傍らで発足したFashion Pactに署名した32のファッション・繊維会社の代表者をエリゼ宮殿に招待しました。

2019年4月、先進7カ国首脳会議(G7)の会合に先立ち、エマニュエル・マクロン大統領はファッション業界の環境負荷低減のための現実的な目標を設定することを目的として、ファッション・繊維業界を牽引するリーダーらを招集する任務をKeringのCEO、フランソワ・アンリ・ピノーに託しました。

フランス大統領エマニュエル・マクロンによりエリゼ宮に招かれたPrada S.p.A.会長のカルロ・マッツィは、次のように宣言しました。
「Fashion Pactの取り組みへの参加は、環境、文化、社会の分野でさまざまなプロジェクトを進めるプラダ・グループの持続可能性に対するコミットメントの自然な進展です。 今後、これらの目標に向けて他の重要なファッション企業と協力し合えることは、誰も単独では成しえない持続可能な開発への明確な希望となるでしょう。」

Fashion Pactに署名した企業の代表者が、2019年10月24日にパリで初めて会合を開き、協定の組織的な取り決めを定義しました。運営会議では、Fashion Pactの規定、署名企業が実施する活動の組織化、および企業の取り組みの実質的な目標への転換を中心に協議されました。