重要課題分析

プラダ・グループが事業を行う上で関係する多くのステークホルダーは、事業目標の達成によって直接的または間接的に影響を与えたり受けたりする可能性があります。

プラダ・グループのステークホルダー

このため、事業戦略と一致する重要課題分析は、当社だけでなく、短期、中期、長期的な共有価値を構築するプラダ・グループの能力によって影響を与えるまたは受ける可能性があるすべての主要なステークホルダーにとっても、最も関連性の高い持続可能性の分野を特定するのに役立つ手段です。

持続可能性の報告に関して重要と見なされる課題は、当社のESGパフォーマンスに大きな影響を与えるもの、またはステークホルダーの認識と決定に実質的に影響を与える可能性があるものです。プラダ・グループは、GRI(Global Reporting Initiative)の持続可能性報告基準に従い、香港証券取引所の「ESG報告ガイド」に沿って分析を作成しました。

重要課題マトリックス

OFF

最新の重要課題分析(当グループの主要なステークホルダーの分布とそのインスタンスの分析、ファッションおよびラグジュアリーセクターで活動する企業のベンチマーク分析、持続可能性に関する問題に対する世論の認識とセクターの主要な傾向の調査、および当グループの先端機能による重要分野の優先順位付けを通じて実施)から、22の重要課題が浮上しました。

最重要分野はやはり、バリューチェーン全体を通じてプラダの活動に伴う要素、商品の創造性と卓越性であることがわかりました。その他の特定された課題は、ノウハウの保存とスキル開発、人材の確保・維持、責任ある調達、顧客との関係、商標の保護、人権および労働者の権利の尊重、労働安全衛生、そして当グループが強化している環境保護への取り組みを反映し、気候変動の問題となりました。

詳細はプラダ・グループの社会的責任レポートをご覧ください。

OFF