持続可能性に関するプラダ・グループの戦略

持続可能性はプラダ・グループのアイデンティティの核となる要素であり、その戦略に深く根付いています。

当社の持続可能性のビジョンには、単なる道義的義務以上の動因があります。当社の行動はすべて、経営と社会の両面での意義ある変革と進歩をもたらす機能を備えています。

プラダ・グループの持続可能性の取り組みは人、文化、環境の3つのポイントに基づいています。事業を展開するコミュニティと地域にも資する形で経済的成長を実現するには、これが進むべき唯一の道であると確信しています。

THE BUSINESS DEBATEが制作したロイターおよびブリジット・ラコンブとの協力によるショートビデオ

INTERVIEW 2: CARLO MAZZI

«It’s necessary to cooperate with all our stakeholders to approach the complexity of sustainability for an harmonious development of the civil society.»

Carlo Mazzi

episode 2

OFF
INTERVIEW 1: ミウッチャ・プラダ

episode 1

OFF

«You have to understand deeply what does it mean not being sustainable. Culture is the only way»

Miuccia Prada

国連の17の持続可能な開発目標

このプロジェクトでは、国連加盟国が2030年までの実現を目指して署名した、人と地球のためのよりよい持続可能な未来を築くための国連計画として、17の持続可能な開発目標 (SDG) を指針としたプラダ・グループの持続可能性に関する取り組みを提示しています。

ビデオを見る
ブリジット・ラコンブについて

フランスの写真家、ブリジット・ラコンブは、人の心に訴える、内面を浮き彫りにする人物描写で知られています。40年にわたり、多くの世界的に有名なアーティスト、俳優、政治家、知識人の象徴的で親近感あふれる写真を撮影してきました。

持続可能性に関するプラダ・グループの取り組みについて