プラダ RE-NYLON

時代の変遷と世界の移り変わりを反映するプラダの先駆的な新プロジェクトRe-Nylonの開始にあたり、プラダのアイコニックなバッグを新しい再生ナイロン繊維ECONYL®で再現したサステナブルなシリーズを発売。

将来のナイロン生産に向けた持続可能な手法への取り組み

織物用糸を生産するAquafil社とのパートナーシップにより採用されたECONYL®は、海から回収されたプラスチック廃棄物、漁網、繊維廃棄物を再利用、浄化して作られています。解重合と再重合のプロセスによって、ECONYL®糸は、品質を損なうことなく無限にリサイクルできます。

 このプロジェクトには、社会への価値還元というコンセプトを日常に取り入れながら、持続可能なバランスを目指す企業文化の促進に重点を置くプラダ・グループの姿勢が反映されています。

ナイロンは、プラダの伝統と現代ファッションへのアプローチを特徴づける重要な要素であり、ブランドの象徴です。

目標

「プラダ Re-Nylonコレクションを発表できることを非常に嬉しく思います。 最終的な目標は、2021年末までにプラダのすべてのバージンナイロンをRe-Nylonに切り替えることです。このプロジェクトは、責任あるビジネスの促進に向けたプラダの継続的な取り組みを強調するものです。このコレクションを通じて、社会に貢献し、新たな資源を使用することなく製品を生産することが可能になります。」

とプラダ・グループのマーケティング&コミュニケーションを統括するロレンツォ・ベルテッリは語っています。

プラダはRe-Nylonコレクションとして、メンズとレディスの6種類のクラシックなスタイルを発表しました。

意識向上と責任の重要性に対する裏付けとして、プラダ Re-Nylonバッグの売り上げの一部は、環境の持続可能性に関連するプロジェクトに寄付されます。またプラダは、ユネスコとのパートナーシップにより、数カ国の学生が参加するプラスチックと循環経済をテーマにした授業計画を実行し、学生にインスピレーションを与える教育活動を展開しています。このプログラムのアプローチは学習と行動の2つを軸にしており、学生が考案した啓発活動が成果の1つとなる予定です。

AQUAFILとのパートナーシップ

プラダ Re-Nylonプロジェクトは、半世紀以上にわたる合成繊維製造の専門技術を誇るイタリアの織編用糸メーカー、Aquafilとのパートナーシップにより誕生しました。Aquafilは数年にわたって持続可能な素材に関する画期的な研究開発に大規模な投資を行い、古い素材を再生して新しい素材を生み出しました。

ECONYL®は、素材の品質を落とさずに何度でも再生できる再生ナイロン糸です。ECONYL®糸は、世界各地の埋め立て地や海から回収した廃棄プラスチックを再生して作られています。

生産工程

1

廃棄物の収集:漁網、廃棄されたナイロン、カーペット、産業廃棄物を分類して洗浄し、そこからできるだけ多くの再生ナイロンを生産します。 

2

再生と浄化:解重合の手順によりナイロン廃棄物を元の清浄な状態に再生します。

3

再生した素材は、スロベニアのリュブリャナおよびイタリアのアルコの生産工場において、新しい重合処理手法によりポリマーと糸に再変換します。 

数字で見るECONYL® ECONYL®生産量10,000トン当たり

1 1
OFF

コンテンツ パートナー

ナショナル ジオグラフィック