プラダ・グループ RE-SET

プラダ・グループ Re-Setプロジェクトは、イベントやファッションショーのセットに使用される資材の管理と効果的な再利用を通して循環型思考を実践するものです。循環型思考の統合や文化界や学術界との関与など、持続可能性戦略のさまざまな要素を集約しています。

2020年のプラダのファッションショーから始まったRe-Setプロジェクトは、ミュウミュウへと拡大され、教育、研究、クリエイティブなインスタレーションなど、さまざまな目的で再利用できる原材料と半完成品をプロと学生に提供します。このアップサイクルプロジェクトは、ミラノのSpazio Meta、パリのLa Réserve Des Arts、そして当グループが選んだグローバルパートナーとのコラボレーションによって生まれました。これらのパートナーには、回収され新たな命を与えられた素材を再び運搬する手間を省くために、イベントやファッションショーの開催地の近くにある組織が選ばれました。

『プラダ エコファー』ビデオ

2022年初めのRe-Setのローンチと共にリリースされたOMA/AMOが芸術監修を行った『プラダ エコファー』のビデオでは、プロジェクトの全段階が紹介されています。また、アイントホーフェンのデザインアカデミーとハーグの王立芸術アカデミーの学生とのコラボレーションでは、プラダの2021年秋冬ファッションショーで使用された素材を再解釈しています。

大学との提携プロジェクト

Design Academy Eindhoven

Royal Academy of Art, The Hague

Thank you for signing up