動物福祉

プラダ・グループは、野生動物保護の重要性を認識し、生物多様性に対する潜在的な影響に対処する方針を実施することで、動物福祉への取り組みを強化しています。自然界と生態系に対するこれらの責務を果たすために、当グループは、測定可能な基準とトレーサビリティが一体化された強固な確認スキームを通して、責任あるサプライチェーンからのみ動物繊維・素材を調達することを目指します。

プラダ・グループは、世界的なFUR FREEブランドプログラムに加盟しており、2020年春夏レディスコレクション以降のデザインや製品に動物の毛皮を一切使用していません。食肉生産の副産物と考えられるシープスキンやカーフスキンなどを使用したレザー製品、およびその他の製品のみを販売しています。ただし、既存の在庫がなくなるまで販売します。

「プラダ・グループは、革新と社会的責任に真摯に取り組んでいます。この度、FFA、とりわけLAVおよび米国動物愛護協会との建設的な対話を受けて決定された毛皮使用廃止方針は、その取り組みの延長線上にあるものです。プラダ・グループは今後、革新的な素材に焦点を当て、倫理的な製品に対する需要を満たしながら、独創的なデザインの新たな境界線を模索していきます。」

ミウッチャ・プラダ

ダウンロード
動物福祉方針
プレスリリース
Faq

Thank you for signing up