TANNERIE LIMOGES

2014年、プラダ・グループはフランスのリモージュ近郊にある歴史的タンナリー(なめし工場)のTannerie Limogesを買収しました。この買収は、なめし革産業における卓越性の模範を示す製造施設の再開を目指したものでした。

70年以上にわたり、Tannerie Limogesの生産は精巧な品質とラムスキン、特にプロンジェナッパ(羊革)のなめし加工の専門技術、すなわちフランス中部のこの地域の土地柄につながりがある伝統的な手法で傑出してきました。

この買収によってプラダ・グループは、なめし工場の貴重な職人技のノウハウを守り、ウェア、シューズ、トラベルバッグ、グローブ、レザーグッズなど、多用途に使えるこの上ない柔らかさと高品質を実現する歴史ある製造工程や特殊な職人技の手法をさらに向上させることができました。

プラダ・グループは、貴重な熟練のクラフツマンシップを向上させる目的で、以前なめし工場で働いていた地元の専門職の従業員を雇用し、体制の抜本的な近代化を実施して環境パフォーマンスを高めています。

この買収は、生産チェーンの垂直統合のモデルを通じた生産能力の増強を特徴とする、新製品の研究・開発のための産業コネクションを統合する意図を強調したものでした。