モンテグラナーロ

マルケ州モンテグラナーロにオープンしたプラダ・グループ初の庭園工場。この建物は、プラダ・グループの最も重要な産業拠点を特徴づける新しい建築アプローチの先駆的な表現を実現するために改修されました。

モンテグラナーロ工場はマルケ州のシューズ製造が盛んな地区の中心部にあります。この施設の実現は、閉鎖空間内に緑を取り入れて訪問者に調和と福利を与える設計手法の先駆者、建築家グイド・カナーリに委託されました。

建築構造物のすっきりとした、余分なもののないラインは、構内と周囲に広がる景観との調和のとれた関係をもたらす軽快さを表現しています。マルケの丘に囲まれた建物は、視線を地平線へと導く構造的な刃によってリズミカルに歩調をとっています。

ギャラリーと冬の庭園との中間にある主部には、異なる建物を連結する空中歩道を備えています。

高さ5メートルの工場の高さ制限は建築上の影響の軽減に寄与し、構内と屋外の緑の空間とをシームレスに連結するために考案された大きなガラス窓で区切られた水平構造の輪郭を表しています。

モンテグラナーロ工場を通じて、プラダ・グループは調和を築き、自然と人との関係を救済することを願って、職場環境内の人々の福祉に投資しています。