Shaping a Creative Future(クリエイティブな未来の創造)

サステナビリティとイノベーションの相互作用に注目し、イェール大学経営大学院およびミラノ工科大学経営大学院と共同で「Shaping a Creative Future(クリエイティブな未来の創造)」と題するカンファレンスを開催しました。

その中で、両大学の講演者とCarlo Capasa、Andrea Guerra、Marco Magnifico、Dilys Williams、Stefano Boeri、Giulio Iacchetti、Luca De Meo、Anna Zegna、David Gallagherの各氏をはじめとする実業界・文化界の権威を交えたディスカッションが行われました。

OFF

このイベントでは、以下の4つのトピックに焦点が当てられました。

ブランドの伝統と市場価値:ブランドの歴史が製品に対し、また職人技の保存に対してもたらす影響。

イノベーションと伝統を通じたサステナビリティのためのデザイン:伝統とイノベーションの融合によるサステナブルな成果の実現。

サステナビリティと価値創造:価値創造のための主要因としてのイノベーションと持続可能性。

創造的卓越性の促進:リーダーシップを創造とイノベーションのためのインスピレーションをもたらす要素として検討する。

カンファレンスの前には、企業や協会の代表が2つの大学の教授および学生とディスカッションを行い、サステナビリティとイノベーションに関する重要な展望を詳細に検討するセッションが行われました。

並列的な思考グループ
イベント