ノーサンプトン

チャーチのノーサンプトン本社では、家族経営の小さな工房から始まり、6階建ての製造工場に成長するまでの、卓越した英国の靴づくりの歴史を垣間見ることができます。

赤レンガのファサードの向こうには、ただ建物があるだけではありません。その中では、長年にわたりこの工房への強い帰属意識を培ってきた職人たち、そして、最新の業務計画によってのみ可能なレベルの生産効率によって裏打ちされる、かけがえのない靴作りの秘伝を守り継承していく使命を感じる、情熱を持った従業員が働いています。

チャーチの靴づくりの道のりは、メープルストリート30番地の小さな工房から始まり、やがてデュークストリートの広いスペースに生産拠点を移し、最終的にはセントジェームズロードに本社を構え、そこに落ち着きました。

チャーチの歴史は常に、この地区、そして靴産業で知られるノーサンプトン市と密接に結びついています。この地域には、中世から続く革細工の伝統がありましたが、19世紀後半に靴産業が盛んになり、靴職人がこの町の人口の半分近くを占めるようになりました。

セントジェームズロードの本社周辺には、チャーチの伝統にゆかりのある場所が多々あり、1957年にプラダ・グループがそれらを買い取り、丁寧に修復しました。

ヴィクトリア時代後期に建てられた建物は、最初は細長く伸びた生産拠点として整備され、職人のための宿泊施設が併設されました。1965年には、エリザベス2世の訪問と、輸出の功績を讃える栄誉ある英国女王賞(産業部門)の授受に向けて、拡張・改装工事が行われました。その後、洪水により15,000足以上の靴と製造設備を失い、1998年に再び修復されました。

チャーチの靴は、完成まで、250以上の手作業の工程を経て、平均で約8週間かかります。由緒ある「誇り高き英国ノーサンプトン、セントジェームズ製」です。