モンテヴァルキ訪問 – トスカーナの熟練職人による靴生産

モンテヴァルキのガーデンファクトリーは、熟練の靴職人に生産空間が屋外と調和した職場環境を提供しています。

この施設はプラダのレディスシューズおよびリネア・ロッサとカーシュー専門のプロトタイプ関連作業に利用されています。

モンテヴァルキでは1日約700足のシューズを生産しています。

すべてのシューズ生産はプロトタイプ製作から始まります。クリエイティブオフィスで考案されたサンプルを精査し、図面におこします。

次に、図面からモデルを製作し、そのモデルを専用粘着紙で覆われた靴型で再現します。この高い精度が要求される作業は、手作業またはデジタルサポートを用いて行います。

デザイナーが靴の図面を描く
パタンナーがデザインが反映された紙を靴型から慎重に剥がす

デザインが反映された紙を靴型から慎重に剥がし、最初のスケッチとして厚紙にレイアウトし、ここから最終製品を構成するすべてのパーツを取得します。

パーツを裁断して、すべての製品情報(レザーのカラーと種類、必要な糸、ソールやヒールなどの構造パーツ)を記載した技術データシートが付属した図表に挿入されます。

モデル製作工程の後、実践段階に入ります。

まず、靴の素材を手作業または機械で裁断します。

レザーを手で裁断する
機械縫製

次に、組み立てまたは縫製を行います。各パーツの厚さが均等になったら、手作業で組み立てるか、機械で縫製します。

この工程は、パタンナーが念入りに開発したアッパー(靴の上部)となり、次の工程に進みます。

アッパーおよびその他のパーツをベルトコンベアに載せて仕上げ工程に進み、専用の機械を用いて完成させます。

靴のラスティング
手作業による取り付け

製造の最も重要な要素である手作業の職人技も残されており、昔ながらの靴職人のやり方で、アッパーの取り付けは手作業で行います。

次に、アッパーを靴型で成型し、製造に最適な最終的なプロトタイプが出来上がります。

ハンドプリーツファブリックで靴の先端を覆う