ニュース
2020年2月

プラダが共同クリエイティブ・ディレクターを発表

ミラノ、2020年2月23日 - 2020年4月2日より、ラフ・シモンズが共同クリエイティブ・ディレクターとしてプラダブランドに加入します。ミウッチャ・プラダとともに彼女と同等の責任ある立場でクリエイティブなアイデアを生み出し意思決定を行います。ミウッチャ・プラダとラフ・シモンズの共同デザインによる初のプラダコレクションは2020年9月にミラノで行われる2021年春夏レディスファッションショーで発表されます。 

プラダブランドの全クリエイティブを網羅するこのパートナーシップは、双方の深い尊敬とオープンな会話から生まれました。これは両者による提案と決定がもたらした大きな合意です。現代において最も重要で影響力のあるデザイナーであると広く認められた2人の新しい対話が開かれます。概念的には、ファッションブランドのクリエイティブ・ディレクションの定義そのものに対する新しいアプローチでもあります。クリエイティブなオーサーシップの特異性という概念に対する力強い挑戦であると同時に、移り変わる文化的状況における創造性の重要性と力を大幅に強化するものです。

時代が変われば、創造性も変わるはずです。このパートナーシップの相乗効果は広範囲に影響を及ぼします。それは、私たちが生きている時代、つまり確立された方法論に対する異なる視点とアプローチを認める新鮮な可能性を備えた時代への対応です。また、より広範な対話に向けた最初のステップ、つまり自由な意見交換とコラボレーションの始まりという、クリエイティブな慣習に対する質問の投げかけと見なすこともできます。

イノベーションはプラダのアイデンティティ固有の側面です。境界を押し広げ、実験し、前進する機会を得る意欲。パートナーシップの概念が共同で仕事をすることであるなら、その対話の結果は商品であるだけでなく、思考と文化の伝播でもあります。創造性の純粋なビジョン。商品はこれらの思考の媒体です。

プラダブランドの明確な価値と精神は変わりません。実際、ミウッチャ・プラダとラフ・シモンズの先鋭的で創造的な対話には、両者の哲学が繰り返し登場します。それは、両デザイナーが持ち寄ったそれぞれの再発明、挑発、勇敢な探求、アイデア力の歴史と完全に調和しています。