ニュース

2024年6月

ブジ財団による新しい救急診療部の設立祝賀イベント

2024年6月21日、ミラノ - プラダ・グループは、6月20日(木)、Fondazione Buzzi per l'Ospedale dei Bambini(ブジ小児病院財団)のゲストたちを、プラダ財団本部に迎え、財団のこれまでの功績を称えると共に、緊急事態においても子供たちが居心地の良い環境で安心して安全に過ごせるように、最先端設備を使用して子供たちのためにカスタムデザインされたスペース「ショックルーム」建設の支援を含む、新しい目標が発表されました。ミラノに新しく建設されたNuovo Grande Buzziは、2,000平方メートルの緊急治療室を有し、現在の年間33,000人に加え、今後はさらに11,000人の子供たちを治療することができるようになります。

イベントでは、ステファノ・シモンタッチ(ブジ財団会長)、グイド・ベルトラーゾ(ロンバルディア州福祉評議員)、ピエール・ドメニコ・ガローネ(防衛大臣補佐官)、マッシモ・チャンパ(Mediafriends Onlus事務局長)が、ブジ財団の寄付者に感謝を述べ、「MISSIONE: A SPACE PRONTO SOCCORSO」と題された新しいコマーシャルが発表されました。Mediaset社のクリエイティブディレクション部門とイメージコーディネーション部門が、広告代理店のCoo'ee Associata UNAと共同制作した「Se salviamo i bambini salviamo i loro sogni (子供たちを救うことは、彼らの夢を救うこと)」をスローガンとするコマーシャルは、ミラノのレオナルド・ダ・ヴィンチ国立科学技術博物館の「宇宙」をテーマとした常設展示スペースで撮影され、アンドレア・パタッサ(イタリア人宇宙飛行士、イタリア空軍大佐)が支持者として出演しています。

プラダ財団の計らいにより、ゲストたちはマーク・ゴッドフリーのキュレーションによる「Pino Pascali」展のガイド付きツアーに参加しました。

Thank you for signing up