プラダ・グループと映画

プラダ・グループの伝統ともいえる、プラダとミュウミュウの映画に関わる取り組みでは、制約にとらわれず、自由で束縛のない物語の表現により、国際的に高く評価されるショートフィルムを生み出しました。

ミウッチャ・プラダは映画芸術を、さまざまな領域を包含し、視覚と聴覚で他者とじかに交流することができる、ファッションを超えた自然言語として捉えています。

世界的に名高い映画監督たちと、その感受性豊かで共感的な作品が関与することにより、強い感情のつながりが可能になります。

ミュウミュウと映画

ミュウミュウの「女性たちの物語」は、知的で異質なビジョンを共有する国際的に活躍する女性に依頼し、それぞれの個性と女性らしさに対する考え方を通じてミュウミュウの精神を描くショートフィルムシリーズで、

現代社会における女性の役割を批評的に探求し、独立心に富んだ型破りなアプローチで女性の持つ際限ない複雑さと矛盾を視覚的に表現します。

ヴェネツィア国際映画祭のベニスデイズ部門で上映されるこのショートフィルムシリーズの中では、ミュウミュウのコレクションが無頓着で飾らない主役になり、女性の身体を美しく飾るファッションに常にスポットライトが当たります。

ミュウミュウの官能、気まま、反抗の精神にたがわず、洋服と物語の並置により力と欲求、虚栄と洗練、夢と悪夢を表現します。女性の日常のどんな些細な瞬間にもさまざまな側面が包含されています。「女性たちの物語」では、洋服が持つ感情に訴える紛れもない力を強調して、そうした瞬間を描きます。