フランスの歴史あるタンナリー(なめし工場)TANNERIE LIMOGES訪問

フランスの歴史あるラムスキン専門タンナリー(なめし工場)は、情熱とノウハウの1つの形です。

70年以上にわたり、このタンナリーは、プロンジェナッパ(羊革)のなめし加工の技術で傑出した存在でした。この技術は、絶滅の危険性のある局所的な伝統技術です。

このタンナリーは、単なる生産拠点ではなく、この地域社会の指標となり、工場で採用されたほぼすべての技術を提供してきました。

2014年、プラダ・グループはこのタンナリーを買収して直接的なサプライチェーンに組み込み、安定した生産に頼れるようになりました。既存の建物の再評価と製造施設の改装という重要な過程を経て、タンナリーの業務は全面的に再開され、その分野で10年から20年の貴重な経験を持つ専門職スタッフ数人を再雇用しました。

タンナリーの職人によると、革は生きた材料であり、柔らかさや手触り、色合いなどの特徴を理解してそれを生かす技術を持つ熟練工が管理する、化学的および力学的に繊細なバランスを尊重して加工する必要があります。どんな機械でも代わることのできない、かけがえのないノウハウです。

タンナリーの実験的な職人技と、プラダ・グループの組織構造の融合は、長期にわたる卓越した専門的な作業を経て習得した高度な技術を引き継いでいくマイスターに加わった若い従業員にも、利益をもたらしてきました。

このタンナリーでは、ウェットブルーと呼ばれる、あらかじめなめし加工された半完成品から、プロンジェナッパ(羊革)を製造します。丸3週間かかる製造工程は、表面を一定の厚さに整えるシェービング革剥きから始まります。

この第1段階が終わると、次の湿潤染色に進めるよう品質管理を行います。その後、基準を満たすものだけが生産段階に入ります。   

湿潤染色の工程は約48時間に及びます
革のシェービングマシン

次の工程はパーチングです。これは機械で行われ、革を柔らかくし、材料に丸みをつけます。

続いて、革を目的の厚さになるまでさらに削って薄くし、除塵縁断ちを行い、縁を際立たせます。

次に、材料の品質を完全に維持するために、スプレー塗装で光沢と耐久性を持たせます。

熱プレスが、生産の最終段階となります。

念入りな最終品質管理計測により、隅々まで上質な革であることを保証します。

最終品質管理と計測