ニュース
2018年12月

プラダ財団が Degree Award 2018の受賞者を発表

プラダ財団は初回Degree Awardの受賞者、ミラノ大学のMarco Arrigoniが論文「Sophie Calle 's work through her artist's books」を発表しました。

選考はプラダ財団の代表であるパトリッツィオ・ベルテッリとミウッチャ・プラダ、ミラノ市の文化顧問官フィリッポ・デル・コル氏、『Corriere della Sera』のディレクター ルチアーノ・フォンタナ、プラダ財団のプログラム責任者であるアストリッド・ウェルターで構成された審査員によって行われました。

受賞者には、ヨーロッパとアメリカの21のスクールおよび大学のいずれかにおける6カ月、1年間、または2年間の修士課程のスカラーシップが贈られます。インターンシップは、財団でのトレーニングで終了します。

このコンペティションは、芸術と文化は知識と成長のため効果的なツールであると信じるプラダ財団の後援により、若い世代とミラノ市のためにより大きな役割を果たそうという意図のもとに毎年行われています。この取り組みは、芸術に関する問題とミラノの次の大学のいずれかにおける美術館の管理について分析した学生の情熱とスキルを表彰するものです。Università degli Studi di Milano、Libera Università di Lingue e Comunicazione IULM di Milano、Università Cattolica del Sacro Cuore、Politecnico di Milano e Università Bocconi.