ニュース
2020年2月

プラダとユネスコが海洋の持続可能性の教育プログラムで提携

プラダとユネスコ政府間海洋学委員会(海洋科学に関する世界最大の権威)は、世界中の中等・高等学校向けに、持続可能性と循環経済に特化した教育プログラムを提供します。PRADA RE-NYLONカプセルコレクションの発売に続くこのプロジェクトは、国連の2030アジェンダと17の持続可能な開発目標(SDG)を踏まえ、海に対してより責任ある配慮に満ちた行動をとるための新世代の教育と意識向上を目的としており、持続可能性に対するプラダ・グループの姿勢を明確に示しています。

今後数か月にわたり、世界の10都市(ベルリン、メキシコシティ、ヨハネスブルク、リスボン、ロンドン、ミラノ、ニューヨーク、パリ、上海、ヴェネチア)の高校教師がウェビナーに参加し、持続可能性をテーマにした教育モジュールの開発方法を学びます。このプロジェクトでは、海洋とその重要性の理解、特にプラスチックに関する海洋汚染の問題、および海を守るための持続可能な生産を目指すファッション業界の取り組みについて考察します。最後のレッスンでは、学生たちにも参加してもらい、海洋保護のための啓発キャンペーンを作成します。