ニュース
2019年3月

Prada S.p.A.が2018年12月31日までの決算を承認

Prada S.p.A.が2018年度決算を承認

Prada S.p.A.の取締役会は、2018年の決算短信を承認しました。この期間の純収入は6%増の合計31億4,200万ユーロで、7%の伸びを見せた好調の小売販路が牽引しました。ホールセールは、厳選した商業戦略によりほぼ横ばいの1%増でした。

プラダとミュウミュウの両者で、アジアパシフィックは10%、アメリカは4%、ヨーロッパは3%、日本は7%、中東は5%と全ての市場において成長が見られました。プラダは全ての商品カテゴリーで、ミュウミュウは特にプレタポルテの分野での好成績により、それぞれ7%と2%の成長を遂げました。

5億5,100万ユーロのEBITDA(売上比18%)、3億2,400万ユーロのEBIT(売上比10%)、純利益2億500万ユーロ(売上比7%)、3億6,500万ユーロの良好な営業キャッシュフローなどが業績を特徴づける大きな要素です。

投資は2億8,400万ユーロに及び、2018年会計年度に797の新規雇用を生み出しました。

(注:上記のデータはすべて恒常為替レートを基にしています)

プラダ・グループのCEO、パトリッツィオ・ベルテッリは次のように話しています。「2018年の業績は近年の我々の施策が市場に好感され、収益の向上というリターンを生んでいることを示しています。我々は自らの歴史に対する敬意を基にグループの未来を築く戦略的刷新の新しいフェーズに突入しつつあります。」