ニュース
2020年11月

ロレンツォ・ベルテッリがOSSERVATORIO ALTAGAMMA 2020に参加

2020年11月18日(ミラノ):プラダ・グループのマーケティングおよびCSR責任者であるロレンツォ・ベルテッリは、第19回目となるOsservatorio Altagammaに講演者として出席。これは、世界屈指のコンサルティング企業、Bain & Companyとの共同研究を通してラグジュアリーマーケットのトレンドと分析を考察する年次会議です。ロレンツォ・ベルテッリのほか、ラグジュアリーセクターのパネルには、飲食料品部門にCampariのCEO ボブ・クンツェ・コンツェビッツ、デザイン部門にDesign HoldingのCEO ガブリエレ・デル・トルチオ、海洋部門にFerretti GroupのCEO アルベルト・ガラッシという、各カテゴリーを代表する講演者が名を連ねました。

ロレンツォは、現在と将来の市場について語った講義の中で特にサステナビリティに焦点を置き、それが「プラダのDNAに内在する価値であり、時間をかけて獲得するものではなく、日々強化されていくものである」と定義しました。彼はまた、「プラダ・グループはサステナビリティを社内の企業文化に定着させるとともに、消費者がサステナビリティとそれに伴う社会の変化について考える機会を提供することに尽力しています。」と述べました。最後に、ロレンツォはデジタルについて次のように語りました。「デジタルは現在必要不可欠なものであり、現代の複雑性を伝える上で役立ちます。正確なルールはありません。流通面でのすべての選択は、直接販売、間接販売、リテールEコマースのバランスを保ちながら、全体的な戦略に組み込まれる必要があります。」