ニュース
2019年12月

ルナ・ロッサ ピレリのチームと
ONE OCEAN FOUNDATIONが提携

ルナ・ロッサ プラダ ピレリのチームと、海洋保護を目的とした団体であるOne Ocean Foundation (OOF)は、海洋のエコシステムの保護と、環境における持続可能性の文化を推進するための新しいパートナーシップを発表しました。海への愛情で結びついた両者は、共通の目標達成のために協力し、海洋環境を保護するため「持続可能なチャレンジ」を開始しました。このパートナーシップにより、ルナ・ロッサ プラダ ピレリのチームは海洋保護の堅固な姿勢をとり、One Ocean Foundationの倫理基準であるCharta Smeraldaだけでなく同団体の提唱する価値のスポークスマンになりました。

ルナ・ロッサ プラダ ピレリのチームディレクター兼船長のマックス・シレナは語ります。「海は私たちの家です。敬意を払い保護するよう、日々努力しています。我々のチームは大きな進歩を遂げました。すでにテクニカルなウェアにより持続可能な繊維の使用、廃棄可能なプラスチックに代わる代替手段の採用、航海中の水の浄化などの地域を保護する日々の活動などを行っています。しかしまだすべきことはたくさんあります。そこで、私たちの旅をガイドするハッシュタグ#ASustainabilityChallengeをスタートしました。私たちの活動はすべて海のおかげであること、そのため海洋保護の促進が必要不可欠であることを忘れないためです」。

 One Ocean Foundationのバイスプレジデント、リカルド・ボナジオは次のように言います。「海を守ること、すなわち海洋エコシステムの危険な現状とその保護方法についてできるだけ多くの人々の認識を高めることは、我々が様々なレベルでかかわる数々のイニシアティブとプロジェクトを通じてパートナーとともに日々追求している目標です。ルナ・ロッサ プラダ ピレリのチームが、第36回アメリカズカップ挑戦のサステナビリティ パートナーとしてOOFを選択してくれたことを嬉しく思います」。