ニュース
2021年9月

ミュウミュウ「女性たちの物語」第22弾:
『I AND THE STUPID BOY』

ミラノ、2021年9月9日 - カウテール・ベン・ハニアが監督を務める『I AND THE STUPID BOY』は、国際的に活躍する才能ある女性映画監督が、21世紀の虚栄とフェミニティを追求するショートムービーシリーズ「女性たちの物語」の第22弾です。
「あり得ないラブストーリーを作りたかった」と監督は語ります。カウテールがパリで偶然耳にした「私の電話を返して!」という若い女性の少年に対する必死の叫びが、本作品のインスピレーションです。

21世紀の普遍的な男女のパワー、セクシュアリティ、恥じらい、辛辣なフェミニティを加えたストーリーが展開されます。『I AND THE STUPID BOY』は、若い女性が直面する複数の現代的なテーマを含んでいます。それは、テクノロジーと親密性、有毒な関係性と自己価値性、そしてさらに、クリックひとつでいかに「簡単に秘密が暴かれる」かをカウテールは述べています。

プレスリリース
ミュウミュウ「女性たちの物語」第22弾: 『I AND THE STUPID BOY』