ニュース
2019年8月

PRADA SPAが2019年6月30日までのグループの決算を承認

ハイライト

•純収入15億7,000万ユーロ(最新の外国為替相場で2018年比2%増)

o 小売は安定(定価販売の増加が大幅な値引き削減を相殺)

o 卸売は上昇傾向(主にオンラインリテイラーとの取引による)

o 最近のウェアとシューズコレクションが好調 

•EBITDA:4億9,100万ユーロ(対売上比31.2%)

•EBIT:1億5,000万ユーロ(対売上比9.6%)

•純利益:1億5,500万ユーロ(対売上比10%、パテントボックス制度の税額控除後)

•純財務状況:-5億700万ユーロ(配当金1億4,600万ユーロの支払い後) 


CEO、パトリッツィオ・ベルテッリのコメント

「シーズナルマークダウンをやめ、卸売販路を合理化するという戦略的な決定は、市場で好意的に受け止められ、主要な地域および商品カテゴリー全体で定価での小売販売が上昇しました。これは、当社の選択が健全であることを示しています。
当社は、価格の一貫性を高めることで、顧客との関係が強化され、商品価値が高まると考えています。
プラダとミュウミュウのコレクションは、市場から大きな評価を受けており、当社のスタイル面でのリーダーシップの強さを裏付けています。
また、当社は進化する市場での競争にはデジタル革新が不可欠であると考え、ビジネス全体におけるデジタルテクノロジーの推進に全力を尽くしています。これは、意思決定の効率向上にもつながります。
このプログラムを実施することは、当社が目標とする持続可能な収益と利益成長に向けた必要なステップであり、プラダ・グループの将来に不可欠なブランドの文化遺産を強化することで、この目標達成を目指していきます。」