ニュース
2019年9月

プラダ財団 Osservatorio:「Training Humans」

プラダ財団の新しい写真展がミラノのガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世にあるOsservatorioで開催されています。アーティストで大学教授、AI研究者であるケイト・クローフォードと、アーティストで研究者のトレバー・パグレンが考案したこの写真展では、世界の見方とその分類方法についてAIシステムを「訓練」する際に使われた映像の歴史を辿り直しています。

​「Training Humans」は2つの根本的な問いを投げかけています。「人工知能における科学、歴史、政治、偏り、イデオロギーの境界がどこにあるのか」 そして「これらのシステムを構築し、恩恵を受ける力を持つのはだれか」。答えは個人の解釈に任されています。

9月12日~2月24日