ニュース
2021年2月

ミュウミュウ「女性たちの物語」第21弾:
「シャングリラ」

ミラノ、2021年2月24日 – イザベル・サンドバルが監督、脚本を務め、自ら出演する「シャングリラ」は、高い評価を受けているミュウミュウの「女性たちの物語」の第21弾です。このショートフィルムシリーズでは、国際的に活躍する現代的な監督が21世紀の女性らしさと虚栄心を批評的な目で探求し称賛します。

フィルムでは、人種間の交流が違法とされていた歴史の一時期のカリフォルニアを舞台に、白人の恋人に夢中になっているフィリピン人女性の物語が語られます。女性が教会の告解で心の奥底の思いを告白し、鉄格子の向こう側の男性は黙ってひたすら聞いています。でも、これは普通の宗教儀式とは違います。告解室はロマンチックなタイムマシンに早変わりして未来のシナリオへと次々と移動し、主人公はさまざまな魅力的な女性として登場して、欲したすべての相手との愛の夢を実現し、心底からの満足を見いだします。

「シャングリラ」というタイトルは、他の世界から隔絶した地上の楽園を連想させます。一部の移民にとって、アメリカは希望あふれる地上の楽園でしたが、19世紀から20世紀初期にかけて、現実は様変わりしました。イザベル・サンドバルのフィルムは、偏見のないユートピアで自由に恋愛することを夢見るトランスジェンダーの有色人種女性の目を通して、歴史の瞬間を異なる視点で捉えます。

プレスリリース
ミュウミュウ「女性たちの物語」第21弾:「シャングリラ」