ニュース
2019年10月

PRADA RE-NYLON: EPISODE 5

『What We Carry』シリーズの最終章となるエピソード5の舞台はスロベニアのリュブリャナ。年間40,000トンの資材がリサイクルされる、再生および持続可能な新産業の中心都市です。プラダのレポーターを務める初代米国青年詩人賞受賞者のアマンダ・ゴーマン、技術者兼建築士であり第一線で活躍するナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもあるアーサー・ファン、アクアフィル社会長兼CEOのジュリオ・ボナッツィとともに、ECONYL®製造工場に潜入します。回収された何トンもの廃棄物がここで、脱重合という繊細な化学的再生処理を経て、まったく新しい革新的なECONYL®糸に生まれ変わります。

OFF