ニュース
2022年1月

「寅年のアクション

ミラノ、2022年1月4日 - 太陰暦によれば、2022年は寅年です。ネコ科最大の動物であるトラは、地球上で最も絶滅の危機に瀕している動物でもあります。プラダでは、トラの保護活動に対する認知度向上を目的として、春節を祝うキャンペーン&プロジェクト「寅年のアクション」を展開します。キャンペーンに登場するのは、ショービズ界の2人のスーパースター、俳優・歌手のリー・イーフェン(李易峰)と女優のチュンシャー(春夏/ジェシー・リー)です。写真家リウ・ソンとの共同制作により、赤い空間の中を彼らが移動する様子が描かれています。彼らの動作や、観る者との間に生まれる直接的で自然発生的な相互作用によって、物語が紡ぎ出されます。

「寅年のアクション」プロジェクトでは、中国内や世界中のアートスクールに在籍する才能豊かな30歳以下の若者に、自分独自の解釈でトラを表現することを呼びかけています。アーティスト達は、絵画、デザイン、彫刻を使い、自分自身を思うがままに自由に表現するのです。学生達の作品は、アーティストのリウ・イエ、ルー・ヤン、ゴシュカ・マキュガからなる特別審査員によって審査され、いくつかの作品は2022年を通して開催される特別プロジェクトでの使用に選出されます。

プラダグループは、絶滅の危機に瀕しているアムールトラの保護にも貢献しており、中国緑化基金会の「Walking with Tiger and Leopard」プログラムに寄付を行っています。このプログラムでは、トラと人間の調和のある共存を可能とする「大型ネコ科動物の楽園」を作るため、最先端のモニタリング技術を使って野生生物や生物多様性に関する情報を一般に公開し、環境教育によってトラとヒョウの保護に関する認知度の向上を目指します。

プレスリリース
「寅年のアクション」

Thank you for signing up