ニュース

2022年6月

プラダ・グループとUNESCO-IOCが「MUMA」ミラッツォ海洋博物館のデジタル化を支援

2022年のヨーロッパ海事デー(EMD)にラヴェンナで開催された欧州委員会のDG Mareによる権威ある「EU4Ocean」賞を受賞


2022年6月8日、ミラノおよびミラッツォ - 世界海洋デーに、プラダ・グループとUNESCO-IOCは、「MuMa」ミラッツォ海洋博物館の会場とコンテンツのデジタル化を完成しました。「Let’s digitize MuMa」と名付けられたこのプロジェクトは、2022年5月20日のヨーロッパ海事デー(EMD)にラヴェンナで開催された欧州委員会のDG Mareによる権威あるEU4Ocean賞を受賞しました。

この貢献により、バーチャルツアー、タッチスクリーントーテム、デジタルミュージアム展示ガイド、視覚や聴覚に障害を持つ人々がコンテンツを利用できるようにするためのマルチメディア適応、インタラクティブな教育ゲーム、バーチャルリアリティ体験、マルチメディアアートインスタレーションなど、幅広いインタラクティブコンテンツを制作することができました。

「数か月前、健康を脅かす緊急事態が発生し、日常生活に対応するためにデジタルソリューションの採用を余儀なくされたとき、私たちはユネスコの助けを借りて、文化や教育と関わる新しい方法を生み出すことができる多くのプロジェクトを選択しました。私たちのビジョンに沿ったMuMaの提案は、科学と芸術の絶え間ない対話の中で人と海の調和を再発見することを目指したもので、現在ではデジタル化も実現しています」と、プラダ・グループのCSR担当責任者であるロレンツォ・ベルテッリは述べています。

「プラダ・グループの支援のおかげで実現したユネスコ欧州科学文化局との提携によるこの素晴らしいプロジェクトにより、MuMaが世界中から認知され、多くの人が訪れる場所になることが可能になりました。ヒレに引っかかった違法な網とプラスチック摂取のために死亡したマッコウクジラのシソの声が蘇り、その声が広がって意識啓発を促し、希望に輝く未来はまだ可能であると証言しています」と、生物学者でMuMaミラッツォ海洋博物館のディレクター、カルメロ・イスグロ氏は述べています。

MuMaミラッツォ海洋博物館は、違法な漁網に巻き込まれて2017年の夏にエオリア諸島の海域で死亡した「シソ」というニックネームのマッコウクジラの感動的な物語から生まれました。生涯を通じて大量に摂取したプラスチックを胃に含んでいたクジラの死体の奇跡的な復元の後、生物学者のカルメロ・イスグロ氏は骨格を再建しました。現在、これは同博物館の目玉となっており、海の保護と保全の必要性に対する意識を高めるため、クジラを死に追いやった違法な網や摂取されたプラスチックとともに展示されています。

プレスリリース
プラダ・グループとUNESCO-IOCが「MuMa」ミラッツォ海洋博物館のデジタル化を支援

Thank you for signing up