ニュース
2020年1月

OPTIMIST RHYTHM: プラダ 2020年春夏メンズキャンペーン

自らをシンプルな形で定義することを世界の誰もが強く望んでいると思われていた時代、プラダはまさにその反対の道を歩んでいました。これがまさに、よりプラダらしい姿勢です。頭字語は、遊び心のあるメタファーとなり、プラダというアイデアの定義できない性質を確実に取り込んでいます。頭字語はイメージと並べられ、一貫性や保守性を備えたアイデンティティという概念への反抗を増幅します。

これを生き生きと表現するため、プラダ 2020年春夏メンズキャンペーンでは、現代的なクリエーター、現在の重要な文化的パーソナリティ、過剰に断片化された未来のマインドセットの原型を三位一体として焦点を当てています。ミュージシャンのフランク・オーシャン、俳優のオースティン・バトラー、映画監督兼脚本家のニコラス・ウィンディング・レフン。現代を代表する3人のクリエイティブな人物が登場し、

歌の歌詞や脚本の台詞の言葉を用いて 自分自身を定義します。それは、人生の、生活の、そして感情の青写真であり、テンプレートです。ここでは、言葉がイメージを再定義する手段として使われ、定義しがたいもの、すなわちプラダの定義が試みられています。頭字語は抽象的なアイデア、思想、概念の影響を受けています。頭字語は、時としてコンテキストの追加を、時として矛盾の配置を、そして、いつの時も煌めく思想を引き起こします。