ニュース

2022年1月

パメラ・カルペッパー、アナ・マリア・ルガリがPRADA S.P.A.の取締役に就任

Pamela Culpepper and Anna Maria Rugarli

2022年1月28日、ミラノ - プラダ・グループは、パメラ・カルペッパーとアナ・マリア・ルガリの2名を新たに独立社外取締役に任命したことを発表しました。この人事異動により、取締役会における独立取締役の数が増加し(合計5名)、男女比(女性5名、男性6名)も改善されました。

パメラ・カルペッパーとアナ・マリア・ルガリは、ESG(環境、社会、ガバナンス)の分野で実績のある専門家として、また、取締役会のダイバーシティポリシーに基づいて選出されました。またプラダ・グループはESG委員会を近日中に設置し、CSR統括担当のロレンツォ・ベルテッリ、パメラ・カルペッパー、アナ・マリア・ルガリの指揮の下で持続可能性への取り組みを確認し、強化していく予定です。

プラダ・グループのCSR統括担当、ロレンツォ・ベルテッリは次のように述べています。「ESGに関して豊富な知識を持ち、多国籍企業でリーダーシップを発揮してきたパメラ・カルペッパーとアナ・マリア・ルガリを取締役会に迎えられたことを非常に嬉しく思います。彼女たちの存在は、取締役会にとっても、プラダの持続可能性戦略を展開する上でも、極めて重要です。この決定により、すでに進行中のプロジェクトに拍車をかけることができるでしょう。」

 

特設セクションを見る

プレスリリース
パメラ・カルペッパー、アナ・マリア・ルガリがPrada S.p.A.の取締役に就任

Thank you for signing up